債権回収の流れとは

債権回収の速やかな解決方法として、弁護士へ相談するという手段がありますが、実際の流れについて見てみましょう。まずは債権回収に強い弁護士を探すことから始まり、無料相談やお問合せをします。そして、未回収の案件について最適な回収方法を提案、検討が行われ、債権回収を実行、速やかな解決を図ります。実際は、流れ通りに行かないケースもあり、その都度プロである弁護士が臨機応変に対応してくれますので、安心して任せることができます。

債権回収が発生するものとして、売掛金やローン、借金等の返済や支払いがされない場合の料金回収があります。会社経営されている人や個人事業主以外にも、個人にも発生する可能性があります。ただし、商品やサービスの売買以上に、個人の債権回収は解決が難しい場合が多く、やはり弁護士等の第三者を介して回収する方法が得策と言えるでしょう。

債権には時効があり、運送費や宿泊費、飲食費等の代金は一年、給料、残業代、災害補償、商品の売掛金、修理費、月謝等の代金は2年、医療、薬剤師に対する費用、保険金の支払い、交通事故等の損害賠償や慰謝料請求は三年、家賃や地代、退職金の請求等は五年という期限が設けられていますので、事前に確認するようにしましょう。