弁護士相談のメリット

債権回収を弁護士に相談、依頼することによって得られるメリットとしては、債権回収の方法は様々な種類があり、素人には理解するのに限界があります。債務者とできるだけ後腐れのないように解決をして、なおかつ、しっかりと回収をはかりたいと考えるのであれば、債権回収の知識が豊富な専門家に任せることで、スムーズで適切な解決策を考えてもらうことができます。

何より、弁護士を立てることにより、相手に対する毅然な態度を示すことができ、本気度を伝えることができます。債務者に支払い能力があり、なかなか支払いに応じないような悪質な場合は、見くびられている可能性がありますので、プレッシャーを与えることは有効な手段になります。最悪、訴訟や強制執行等を行使して法的処置に基づいて債権回収をすることになった場合、弁護士であれば法律の知識はもちろんのこと、代理人としても立つことができます。

債権回収の知識が乏しい者同士が話し合いをしても、好転しないまま時間が過ぎてしまう可能性もありますので、効果的なスピード解決には弁護士への相談が適しています。何より、お金のトラブルは当事者に相当な負担がかかりますので、精神的ストレスも計り知れません。諦めずに回収を進める為にも、弁護士へ相談されることをお勧めします。

債権回収の流れとは

債権回収の速やかな解決方法として、弁護士へ相談するという手段がありますが、実際の流れについて見てみましょう。まずは債権回収に強い弁護士を探すことから始まり、無料相談やお問合せをします。そして、未回収の案件について最適な回収方法を提案、検討が行われ、債権回収を実行、速やかな解決を図ります。実際は、流れ通りに行かないケースもあり、その都度プロである弁護士が臨機応変に対応してくれますので、安心して任せることができます。

債権回収が発生するものとして、売掛金やローン、借金等の返済や支払いがされない場合の料金回収があります。会社経営されている人や個人事業主以外にも、個人にも発生する可能性があります。ただし、商品やサービスの売買以上に、個人の債権回収は解決が難しい場合が多く、やはり弁護士等の第三者を介して回収する方法が得策と言えるでしょう。

債権には時効があり、運送費や宿泊費、飲食費等の代金は一年、給料、残業代、災害補償、商品の売掛金、修理費、月謝等の代金は2年、医療、薬剤師に対する費用、保険金の支払い、交通事故等の損害賠償や慰謝料請求は三年、家賃や地代、退職金の請求等は五年という期限が設けられていますので、事前に確認するようにしましょう。

債権回収方法について

債権回収について、トラブルを抱えている方は少なくありません。商品の売買や、サービスの提供をしている会社にとって、債権回収は頭を悩ませることの一つです。債権とは、金銭の支払いや、物の引き渡しを請求できる権利のことです。その反対に、支払いの義務が生じる側を債務者と言い、債権回収は債権者から債務者に対して行われます。

債権や債務は、売買契約、労働契約、贈与契約、賃借契約等で発生し、実際は誰の身にも起こり得るのですが、掛取引をして商品やサービスを提供する会社同士の間でトラブルが起こることが多いとされています。掛取引とは、実際に商品を購入、サービスの提供を受けた際に代金を支払わずに、後日取り決めた期日に請求して支払ってもらう取引のシステムのことを指します。その代金を請求できる権利を債権と言いますが、取引相手が支払いをしない、あるいは遅延したりすると、債権の回収が行われず、未回収となってしまい、経営に大きな影響を及ぼします。

債権回収の方法として、弁護士に依頼して自分に代わって請求や督促、訴訟を起こす手段があります。専門家である弁護士に相談することによって、適切な回収方法の提案をしてもらうことができます。その労力とストレス、取引相手との関係を今後も続けるのであれば、その関係性を考慮して、どんなパターンにも対応することができるプロにお願いすることが最も有効な手段と言えるでしょう。では、弁護士に依頼することによるメリットについて紹介します。